歯周病治療|兵庫県の歯医者「エンゼル歯科クリニック」

歯周病治療|兵庫県の歯医者「エンゼル歯科クリニック」

  • お問い合わせ

  • 0794-86-6480

歯周病治療

歯周病治療について

現在、8割以上の方が歯周病にかかっているといわれています。歯を支えるのに必要なのは歯槽骨です。
その歯槽骨を吸収させてしまうのが、嫌気性菌(トレポネーマetc)です。嫌気性菌は、残念ながら歯磨きだけでは除去できません。
当院では、細菌検査を行い、その方に応じた治療方法でお口の中を健康な状態にしていきます。

歯周病は感染症です。 コップの回し飲み・ペットなどから感染します。
お口の中は、どの方にも菌はいますが、歯周病菌が定着・繁殖するかどうかはプラークコントロールしだいです。
医院でのクリーニングと自宅でのブラッシングで、健康なお口を管理していきましょう。

磨いているのに磨けてイナイ!?

「歯磨きが、予防に大切なのはわかってる。でも、今のところは特に痛みもナイし、メカニズムや磨き方のポイントも今ひとつわからない。毎日忙しいし、なんとなく習慣的に磨いている。」
「歯磨き」に対する多くの人の意識は、こんなところではないでしょうか?
大人になってから、歯を失う原因は30代を境に、むし歯から歯周病に移行します。25歳以上では8割もの人が歯周病になっています。(厚生労働省)
もはや他人ごとではありませんね。
ちなみに、80歳で残っている歯の平均は8本。ブリッジを含めた入れ歯を作ったことがある人は、30歳で1割ですが、40歳で3割、50歳になると約半分になっています。
ほとんどの方が「磨いているのに磨けてイナイ――」状態のまま、気付かないうちに進行させているのです。

歯はこうして抜ける!

食べカスは、約24時間でバイ菌の塊(プラーク/歯垢)に変わり、それが古くなると害のある菌が増えて毒素を出します。体は、この外敵と戦う為に炎症をおこし、それが歯を支える組織の破壊をもたらします。

まず、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなり、そこに菌が増えます。すると炎症はさらに進み、それを避けようと歯を支えている骨が減って(吸収)いきます。 この段階になっても自覚症状がさほどナイのが普通で、多くの場合、このまま放置してしまいます。その後、疲れ・カゼ・ストレスなどで抵抗力の落ちた時に悪化・急性化し、痛みが出て、歯科を受診するケースが多いのです。

しかし、深い歯周ポケットが出来てしまうと、原因菌を自分で取り除けなくなるので、治療は難しくなります。
「歯垢が残る→炎症が起きる→骨が吸収する」の繰り返しで、最後には歯が抜けてしまいます。
そうなる前の段階(ポケットが深くない・約3mm以内)だと、自分で歯ブラシで簡単に取り除いて、炎症をくい止める事ができます!

症状が進んだ場合の治療方法

歯磨きを怠れば、歯周病はまた再発してすぐ元の状態に戻ってしまいます。
ベストの方法は、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなる前に 、歯プラシで菌そのものを取り除いてやり、炎症のない状態を保ってやることです。
口の中は複雑な形をしているので、なんとなくと歯ブラシを動かしただけでは、一定の場所に磨き残しが出来てしまうのです。
今なら十分間に合います。そんなに難しくありません。ちょっとしたポイントを身につけるだけで良いのです!
『磨けている磨き方』を身につけて、お口の健康を手に入れましょう!

口腔内の細菌について

口腔内にはたくさんの細菌が存在します。歯周病菌やカビ菌は、口臭・歯ぐきからの出血・朝起きた時のネバツキ・歯ぐきからの膿などの原因になります。その他にもたくさんの変化が起きます。
顕微鏡を見ることで、細菌を確認することができ、これからどうやって管理すればいいのか相談していくことができます。

これまでと、やることはほとんど変わりません。
一番変わったことは、お口の中に悪い菌がいると知ったことなのです。

歯周病は骨や全身にも悪影響

歯周病は、歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)に繁殖した細菌が原因で発症する病気です。とはいえ、お口の中に歯周病菌が侵入したら、誰もが即座に発症するというわけではありません。疲労やストレスがたまり、生活のバランスが崩れることと、お口の中の細菌の増加が重なることで発症のリスクが上がっていきますから、生活習慣を整えて口腔内を清潔にすることが重要なのです。

歯周病は「骨」をむしばむ

歯周病は初期には自覚症状があまりなく進行しますが、やがて歯肉の腫れや出血が見られます。さらに進行すると歯を支える骨を溶かしていきますし、重症化すると骨の溶解が進んで歯を支えることができなくなり、やがては脱落してしまうこともあります。そのため、できるだけ発症させないこと、かかっても初期の段階で治療を受けることを心がけましょう。

歯周病が呼び起こす、全身の病気

歯周病は歯を失うだけでなく、血管に侵入して心疾患のもとになることがありますし、糖尿病を悪化させる原因になることも知られています。歯周病にかからないように、生活習慣を改善し、毎日適正なブラッシングを行い、定期的に当医院にてメンテナンスを受けてください。

【大切なのは、早期発見、早期治療】

歯周病で歯を失うことを避け、全身疾患につなげないようにするためには、しっかり予防することと、早期に発見して早期治療することが重要です。また、身体の免疫力を保つように食生活や適度な運動、ストレスをため込まないことなどに配慮しましょう。

お口の健康チェックをしましょう

歯周病は痛みも少なく、あまり自覚症状がないまま進行します。
1~5に当てはまる項目があった人は歯肉炎の疑いがあります。
6~10に当てはまる項目があった人は歯周炎の疑いがあります。

  1. 歯ぐきが赤くなっている。
  2. 歯と歯の間の歯ぐきが、丸く厚みをもってふくらんでいる。
  3. 歯ぐきが腫れて、ぶよぶよしている。
  4. 歯ぐきがむずがゆく、歯が浮いている感じがする。
  5. 歯磨きなどの軽い刺激で、歯ぐきから血が出る。
  6. 歯ぐきが赤紫になっている。
  7. 歯ぐきが退縮し、歯が長く見える。
  8. 口臭が強くなった気がする。
  9. 歯と歯の間に、食べ物がはさまりやすい。
  10. 何もしないのに、歯ぐきから出血することがある。

ページトップへ戻る